05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

時々ぶらぶら

福島県を中心に、東北や関東地方の“いい物・いい処”を紹介

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

gqa)4py 

スポンサーサイト
2013/05/13 Mon. 14:23 | trackback: 0 | comment: 2edit

ジェット機の轟音 

本日午前10時頃、物凄い轟音が近づいてきた。
北朝鮮が発射したミサイルかと驚いたが、窓から空を見上げると7機のジェット機が低空飛行をしていた。
見えないほどに遠ざかると引き返して来る。
それを何度か繰り返しいつの間にか姿を消した。

近所の人たちも何事かと外に出て空を眺めていた。

ネット検索してみたが、会津の空をジェット機が飛ぶようなイベントは無い。
なんだったんですかっ!?
2013/05/11 Sat. 12:23 | trackback: 0 | comment: 0edit

白銀に光る飛行物体を目撃!! 

2012年6月14日(木) 18:55頃 会津若松市内の石部桜付近を散歩していたところ、やや東の空を北から南に向かって直線に飛ぶ白銀に光る物体を目撃した。

ゆらゆらと光る尾を引いてゆっくりと飛び、尾の一部には青っぽい光も見えた。

色の印象からは、燃えているという感じではなかったし、水蒸気や煙のようなフワフワした感じの尾でもないように見えた。

航空機などよりはかなり大きく見えたので、けっこう低い位置を飛んでいたのではないだろうか。

飛行音などは一切聞こえなかった。

3秒位見えていたが、建物の陰に隠れてしまい見失った。

飛行機・人工衛星・隕石の落下かとも思ったが、それらしいニュースは無い。

家内も一緒に見たので、見間違いではない。

帰宅後ネットで検索したが、それに関する記事は無かったが、本日再度検索したところ、Yahoo!知恵袋に関連記事を発見。

やはり見間違えではなかった。

2012/06/16 Sat. 06:40 | trackback: 0 | comment: 0edit

偕楽園 / 茨城県水戸市 

小雪が降る会津若松を午前8:15頃出発し茨城県水戸市へ向かった。
強清水から天栄村を抜け白河市に着いた頃には辺りに雪は無く、日差しも春らしく変わっていた。同じ福島県でもこんなに気候が違うものかと驚く。
茨城県に入ると上着を脱がなければならないほど暖かくなった。

12:50頃、偕楽園の南にある桜山駐車場に着いた。
この駐車場は普段は無料だが、梅の季節には1回の駐車が500円の有料駐車場となるらしい。
駐車場から常磐線を跨ぐ陸橋“梅桜橋”を渡り、偕楽園の南門から好文亭近くに出る。
好文亭の北東部一帯が広大な梅林となっている。
平日なのに大変な人混みだ。

梅 / 偕楽園


幾種類もの梅が植えられているようで、満開の物もあれば未だ蕾の物もあった。
梅林の西側が竹林となっていて、なかなかの趣だ。

竹林 / 偕楽園


好文亭近くにはみやげ物店があり、案の定、梅や納豆を使った菓子類が販売されていた。
偕楽園内を1時間ほど散策し帰路に着いた。
須賀川市まで戻ると吹雪。
須賀川が吹雪では、会津はどんな事になっているかと思うと背筋が凍る思いがした。
郡山市の半田屋で夕食を済ませ会津若松の自宅に着くと、按じたほどの積雪ではなかったので安心した。


■□■ 施設情報 ■□■
施設名 : 偕楽園公園 【かいらくえんこうえん】
住所 : 茨城県水戸市常磐町1丁目3-3
開園時間 : 6:00~19:00
入園料 : 無料 (好文亭は有料)
駐車場 : 桜山駐車場を利用



~お知らせ~
水戸の梅酒「偕楽園・笠間焼」壺入 1L
水戸の梅酒 「偕楽園・笠間焼」 壺入 1L

水戸の梅酒 「偕楽園・笠間焼」 壺入 1L


2011/03/07 Mon. 13:58 | trackback: 0 | comment: 0edit

河井継之助記念館 / 福島県只見町 

河井継之助記念館は、新潟県長岡市と福島県只見町の2箇所に在るようだが、今回訪れたのは只見町に在る方だ。
私は河井継之助なる人物を全く知らなかった。 司馬遼太郎著『峠』の主人公として知られるようになったが、それまではほとんど知る人が無かったようだ。

河井継之助は越後長岡藩の家臣であった。
会津藩討伐の為に新潟県小千谷市に居た新政府軍本陣を訪ね、会津藩をはじめとする奥羽への侵攻の停止を交渉。しかし新政府軍監の岩村精一郎が余りにも無知で狭量だっため、話し合いは僅か30分ほどで決裂したと言う。これにより長岡藩は奥羽越列藩同盟に加わった。
河井は左膝へ敵弾を受けのがもとで重篤な状態になり、只見町の矢沢宗益宅で死去。
長岡藩士である河井継之助の記念館が只見町にも在る訳が分かった。

当時長岡藩が所有していたガトリング砲のレプリカが展示されている。
尚、“継之助”の読みは【つぐのすけ】か【つぎのすけ】か不明との事。

河井継之助記念館 ガトリング砲レプリカ


■□■ 記念館情報 ■□■
館名 : 河井継之助記念館
住所 : 福島県南会津郡只見町大字塩沢字上ノ台850-5 (google地図は こちら)
電話 : 0241-82-2870
休館日 : 木曜日 (冬季休館 : 11月末から4月中旬)
営業時間 : 10:00~16:00
入館料 : 300円
駐車場 : 3台程度
写真 : 河井継之助記念館 ガトリング砲レプリカ



~お知らせ~
彩蒔絵シール 幕末維新 紋蒔絵デコシール 河井継之助「丸に剣片喰」 3色セット
彩蒔絵シール 幕末維新 紋蒔絵デコシール 河井継之助「丸に剣片喰」 3色セット J77-015862-79-86s

彩蒔絵シール 幕末維新 紋蒔絵デコシール 河井継之助「丸に剣片喰」 3色セット J77-015862-79-86s

2010/12/13 Mon. 15:46 | trackback: 0 | comment: 0edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。