06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

時々ぶらぶら

福島県を中心に、東北や関東地方の“いい物・いい処”を紹介

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

河井継之助記念館 / 福島県只見町 

河井継之助記念館は、新潟県長岡市と福島県只見町の2箇所に在るようだが、今回訪れたのは只見町に在る方だ。
私は河井継之助なる人物を全く知らなかった。 司馬遼太郎著『峠』の主人公として知られるようになったが、それまではほとんど知る人が無かったようだ。

河井継之助は越後長岡藩の家臣であった。
会津藩討伐の為に新潟県小千谷市に居た新政府軍本陣を訪ね、会津藩をはじめとする奥羽への侵攻の停止を交渉。しかし新政府軍監の岩村精一郎が余りにも無知で狭量だっため、話し合いは僅か30分ほどで決裂したと言う。これにより長岡藩は奥羽越列藩同盟に加わった。
河井は左膝へ敵弾を受けのがもとで重篤な状態になり、只見町の矢沢宗益宅で死去。
長岡藩士である河井継之助の記念館が只見町にも在る訳が分かった。

当時長岡藩が所有していたガトリング砲のレプリカが展示されている。
尚、“継之助”の読みは【つぐのすけ】か【つぎのすけ】か不明との事。

河井継之助記念館 ガトリング砲レプリカ


■□■ 記念館情報 ■□■
館名 : 河井継之助記念館
住所 : 福島県南会津郡只見町大字塩沢字上ノ台850-5 (google地図は こちら)
電話 : 0241-82-2870
休館日 : 木曜日 (冬季休館 : 11月末から4月中旬)
営業時間 : 10:00~16:00
入館料 : 300円
駐車場 : 3台程度
写真 : 河井継之助記念館 ガトリング砲レプリカ



~お知らせ~
彩蒔絵シール 幕末維新 紋蒔絵デコシール 河井継之助「丸に剣片喰」 3色セット
彩蒔絵シール 幕末維新 紋蒔絵デコシール 河井継之助「丸に剣片喰」 3色セット J77-015862-79-86s

彩蒔絵シール 幕末維新 紋蒔絵デコシール 河井継之助「丸に剣片喰」 3色セット J77-015862-79-86s

スポンサーサイト
2010/12/13 Mon. 15:46 | trackback: 0 | comment: 0edit

阿弥陀寺 藤田五郎の墓 / 福島県会津若松市 

会津若松市の現在の繁華街は、鶴ヶ城から会津若松駅へと続く新明通りだが、江戸の頃は鶴ヶ城北西部の七日町付近までが城下町として賑わっていたらしい。
阿弥陀寺はJR只見線の七日町(なぬかまち)駅の真ん前に在る。

この寺には藤田五郎の墓がある。
藤田五郎とは、新撰組三番隊組長である斎藤一が明治維新後に使った名前である。
藤田五郎は本名を山口一という。その後、斎藤一・山口二郎・一瀬伝八と変え、明治の初め頃に藤田五郎と改名した。
いずれの名前にも数字が入っているが、どういう拘りが有ったのだろうか。

藤田五郎の墓


父、山口祐助は明石藩(現在の兵庫県明石市あたり)の浪人で、江戸に出て来て御家人の株を買ったらしい。
藤田五郎は父が江戸に出てきてから生まれたとするのが通説。
近藤勇とは道場試衛館の頃からの知り合いだったが、いつ頃から正式に新撰組の隊員と成ったかについては、藤田五郎の行動に不明な点が多すぎる事と、新撰組自体が統一された行動をとっていない事などにより明確になっていない。
戊辰戦争時には会津藩の指揮下で白河口の戦い・母成峠の戦いに参戦。
会津藩の降伏後は、塩川(現:福島県喜多方市)・高田(現:新潟県上越市)で謹慎生活を送った。
その後、青森県五戸町に移り、2度の結婚をする。
東京で警視官に採用され、西南戦争に参戦。
1891年に退職し東京高等師範学校などに警備員として勤務し、1915年9月28日死去。

「波乱万丈の生涯」とは、彼のような事を言うのだろう。
本人の希望により会津若松市の阿弥陀寺に墓が建てられたらしいのだが、なぜ彼がこの寺を指定したのかなどは不明。
この阿弥陀寺には明治初期に鶴ヶ城から移築された御三階が在る。

■□■ 店舗情報 ■□■
寺名 : 阿弥陀寺
住所 : 〒9650044 福島県会津若松市七日町4-20
電話 : 0242-27-7445
駐車場 : 無し
写真 : 藤田五郎の墓




~お知らせ~
日本旅行『赤い風船』宿泊予約





2009/09/08 Tue. 12:28 | trackback: 0 | comment: 0edit

亀ヶ森古墳 / 福島県会津坂下町 

亀ヶ森古墳は会津坂下町にある国指定史跡の4世紀後半築造の前方後円墳だ。
会津坂下町教育委員会による案内板には、「町では、古墳の恒久的保存と郷土学習の場としての史跡公園整備をめざして、史跡の公有化事業を進めています。」とあるが、昭和51年5月に国指定史跡を受けてから随分と時間が経っているが、何ひとつ進んでいないように見える。
亀ヶ森古墳 / 福島県会津坂下町1

亀ヶ森古墳 / 福島県会津坂下町2


雑然と墓地や社が建てられて木々が生えるままの状態よりも、整備され芝生が植えられたこんもりとした丘の方が、古墳が造られた当時の雰囲気により近いのではないだろうか。
山形県南陽市の稲荷森古墳などは古墳広場として綺麗に整備されている。
会津坂下町教育委員会各位には「各員一層奮励努力セヨ」と東郷元帥の言葉を贈りたい。


HYUNDAI(ヒュンダイ) 4.3インチワンセグ内蔵タッチパネルGPSナビゲーションシステム JND-4300pro
HYUNDAI(ヒュンダイ) 4.3インチワンセグ内蔵タッチパネルGPSナビゲーションシステム JND-4300pro
3,1290円 (税込み)
  

2009/08/31 Mon. 14:02 | trackback: 0 | comment: 0edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。