09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

時々ぶらぶら

福島県を中心に、東北や関東地方の“いい物・いい処”を紹介

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

ばんとうプラザ 三春三角揚げうどん / 福島県三春町 

磐越東線の三春駅舎内で地場産品などを売っている“ばんとうプラザ”の一角に、軽食を扱っている所がある。
予め食券を購入し、係りの方にお願いしてしばらく待っていると「三角揚げうどんのお客さ~ん!」と大声で呼ばれる。
麺はスーパーなどで売っているような在り来たりの茹でうどん。
しかし油揚げは美味い。
暑さ2cm程の分厚い油揚げで、外見は厚揚げのようだ。これが煮汁をたっぷりと吸っていて、齧り付くとジュワ~と染み出てくる。

ばんとうプラザ 三春三角揚げうどん / 福島県三春町


ところで、油揚げと厚揚げと生揚げとがんもどきの違いをご存知だろうか?
厚揚げと生揚げは同じ物で、豆腐を厚めに切り、中が豆腐の状態を保ったまま外側に揚げ色が付く程度に揚げた物。
これに対し油揚げは、中まで充分に熱が通るように、低温と高温の油で2~3度揚げた物だ。どんなに厚みがあっても、中が豆腐の状態でなければ油揚げなのである。
がんもどきは豆腐に山芋や人参・胡麻・椎茸などを混ぜ合わせて丸く形を整えて揚げた物である。

三春の三角揚げは、“ほうろく焼き”という食べ方もあるらしい。
三角揚げの長辺に切り込みを入れ、小口切りにした葱を詰め、こんがりと焼き、季節によりフキノトウ味噌や山椒味噌や柚子味噌などを付けて食べるらしい。
なんともまあ、酒の肴に打ってつけではないか!
この“ほうろく焼き”は、三春町の“ホテル八文字屋”の先々代社長の考案との事。ホテル八文字屋には“ほうろく亭”なる食事処が在り、ほうろく焼きがセットとなったメニューが各種用意されている。
今年の冬は家でほうろく焼きを焼きながら、焼酎をグヒグビってやってみっか!
まだ夏も来ていないのに冬の話かよ。


■□■ 店舗情報 ■□■
店名 : ばんとうプラザ
住所 : 福島県田村郡三春町大字平沢字担橋165-2 三春駅舎内
電話 : 0247-62-8080
定休日 : 無休
営業時間 : 9:00~17:30
駐車場 : 無し(三春駅駐車場を利用)
写真 : 三春三角揚げうどん 450円(税込み)



~お知らせ~
新潟県栃尾名物・栃尾油揚げ 10枚セット
新潟県栃尾名物・栃尾油揚げ 10枚セット 

新潟県栃尾名物・栃尾油揚げ 10枚セット 

2010/05/24 Mon. 14:24 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://tokibura.blog77.fc2.com/tb.php/62-8e6c331c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。